山陽新聞デジタル|さんデジ

ユースサッカー備前は24日開幕 県大会目指し49チームが激突

ユースサッカー備前は24日開幕 県大会目指し49チームが激突
 サッカーの中学年代県王者を決める「2019山陽新聞カップ第28回岡山県ユース(U―15)選手権大会」(県サッカー協会、山陽新聞社主催、岡山県民共済特別協賛)の備前地区予選は24日、備前市のNTNグラウンドなどで開幕し、49チームが5枚の県大会出場切符を懸けて激突する。

 A~Eの5組に分かれ、24、25、31日にトーナメント=別表=を行い、各組1位が9月21~23日に岡山市のシティライトスタジアムなどである県大会に進む。

 A組は、7月の県中学校総体で4強入りした操南中を中心に、芳田中、桑田中の中学校勢が争う。B組は、アヴァンサール、アクートのクラブ勢、西大寺中、旭東中あたりの戦力が整っている。有力チームが序盤から対戦するC組は、ファジアーノ岡山と京山中の勝者が2回戦でポルターレ玉野とぶつかる。D組は、日本クラブユース選手権(U―15)県大会2位のJフィールド岡山の地力が抜けている。実力伯仲のE組は、県中学校総体ベスト4の岡北中、昨年の県大会で準優勝したソルテソロなどが競り合う。

(2019年08月21日 19時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ