山陽新聞デジタル|さんデジ

日中韓、北朝鮮非核化へ緊密連携 外相、12月首脳会談に向け協力

 会談後、共同記者発表する(右から)河野外相、中国の王毅外相、韓国の康京和外相=21日、北京郊外(共同)
 会談後、共同記者発表する(右から)河野外相、中国の王毅外相、韓国の康京和外相=21日、北京郊外(共同)
 会談を前に握手する河野外相(左)と中国の王毅外相。中央は韓国の康京和外相=21日、北京郊外(代表撮影・共同)
 会談を前に握手する河野外相(左)と中国の王毅外相。中央は韓国の康京和外相=21日、北京郊外(代表撮影・共同)
 【北京共同】河野太郎外相は21日午前、中国・北京郊外で中国の王毅外相、韓国の康京和外相との3カ国外相会談を開いた。北朝鮮の完全な非核化に向けて国連安全保障理事会決議の完全履行を含め緊密に連携する方針を確認。12月開催を見込む日中韓首脳会談実現へ協力することで一致した。外相レベルの3カ国会談は2016年8月に東京で開催して以来。

 日韓外相は午後に個別会談を実施。元徴用工訴訟問題や輸出規制強化措置を巡って協議する。

 3カ国会談で、河野氏は悪化する日韓関係を念頭に「2国間が困難な問題に直面することもあるが、3カ国の協力は止めるべきではない」と強調した。

(2019年08月21日 13時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ