山陽新聞デジタル|さんデジ

かじ付き4人スカルで関西3位 全国高校総体ボート男子

ボートかじ付き4人スカルで3位に入った関西の(左から)小橋冬唯、石川航汰、神馬陽、山本卓哉、杉野太星=熊本県菊池市斑蛇口湖ボート場
ボートかじ付き4人スカルで3位に入った関西の(左から)小橋冬唯、石川航汰、神馬陽、山本卓哉、杉野太星=熊本県菊池市斑蛇口湖ボート場
一坪寛朗
一坪寛朗
 南部九州インターハイ(全国高校総体)最終日は20日、熊本県菊池市斑蛇口湖ボート場などで行われ、岡山勢はボート男子のかじ付き4人スカルで関西(小橋、石川、神馬、山本、杉野)が3位表彰台に立ち、シングルスカルの一坪寛朗(備前緑陽)が6位入賞した。

 競泳400メートル個人メドレーで女子は谷川亜華葉(大阪・四條畷学園)が4分41秒13、男子も1年の小方颯(神奈川・日大高)が4分17秒74で、ともに200メートルとの2冠に輝いた。女子100メートル自由形は大内紗雪(神奈川・日大藤沢)が55秒74で制し、50メートル自由形、リレー3種目との5冠。

 男子100メートル自由形は田中大寛(大分・別府翔青)が大会新の49秒83をマークし、200メートルに続き優勝。学校対抗の男子は日大豊山(東京)、女子は日大藤沢が制した。

 卓球の男子シングルス決勝は戸上隼輔(山口・野田学園)が篠塚大登(愛知・愛工大名電)に3―2で競り勝ち、2連覇。女子は出雲美空(石川・遊学館)が初優勝した。水球は鹿児島南が鳥羽(京都)を下し、8年ぶりの頂点に立った。

(2019年08月20日 22時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ