山陽新聞デジタル|さんデジ

勝央町長に水嶋氏が無投票で3選 「住んでよかったと感じる町に」

無投票で3選を果たし、支持者らと万歳する水嶋氏(中央)
無投票で3選を果たし、支持者らと万歳する水嶋氏(中央)
 任期満了に伴う岡山県勝央町長選は20日、告示された。無所属現職の水嶋淳治氏(66)のほかに立候補がなく、無投票での3選が決まった。同町長選が無投票となるのは、4年前の前回に続いて2回連続。

 午後5時に立候補の届け出が締め切られ、当選が確定した水嶋氏は選挙カーで同町黒土の選挙事務所に戻ると、集まった支持者ら約150人(事務所発表)と笑顔で万歳した。

 水嶋氏は「子育て支援、健康づくり、産業振興、災害に強いまちづくりに取り組み、住んでよかったと実感してもらえる町をつくり上げたい」と決意を述べた。

 水嶋 淳治氏(みずしま・じゅんじ)1978年に勝央町役場入り。副町長、税務住民部参事など歴任。2011年の町長選で初当選、15年は無投票で再選を果たした。広島大卒。上香山。

(2019年08月20日 22時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ