山陽新聞デジタル|さんデジ

勝央で親子ら図書館フェス楽しむ 工作では万華鏡作りなどに没頭

万華鏡作りを楽しむ親子連れ
万華鏡作りを楽しむ親子連れ
 勝央町勝間田の勝央図書館で11日、図書館フェスティバルが開かれ、親子連れら約60人が工作や音楽を楽しんだ。

 科学工作では、元教員らでつくる「たのしい授業かがみのサークル」の河井美恵子さん(65)=津山市=が講師を務め、万華鏡や紙飛行機を作った。子どもたちは保護者にも教えてもらいながら、真剣な表情で作業に没頭していた。

 南米の楽器を使ったコンサートでは、アンデス地方の縦笛「ケーナ」やギター「チャランゴ」の演奏を聴いた。フラワーアレンジメントを体験するコーナーもあった。

 工作をした津山市立小学校の2年男子(7)は「万華鏡が難しかった。紙飛行機が上手に作れたから家の2階から飛ばして遊びたい」と話した。

 イベントは夏休みの工作や自由研究に役立ててもらおうと、図書館が毎年度開催している。

(2019年08月20日 19時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ