山陽新聞デジタル|さんデジ

仮想通貨、Tポイントで購入可 ビットフライヤーが開始

 紙幣の上に置かれた仮想通貨「ビットコイン」のマーク(ゲッティ=共同)
 紙幣の上に置かれた仮想通貨「ビットコイン」のマーク(ゲッティ=共同)
 暗号資産(仮想通貨)交換業者大手の「bitFlyer」(ビットフライヤー、東京)は20日、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)系の共通ポイント「Tポイント」を使って、仮想通貨の「ビットコイン」を購入できるサービスを同日から始めたと発表した。お金以外でもビットコインを入手できるようにして、新たな利用者を呼び込む狙い。

 仮想通貨を取引するビットフライヤーの口座があれば、Tポイント100ポイントにつき、85円相当のビットコインを購入できる。ビックカメラやヤマダ電機などでビットコインを使って買い物すれば、500円ごとに1ポイントが付く。

(2019年08月20日 16時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ