山陽新聞デジタル|さんデジ

備前甘味の会がひんやりスイーツ 加盟6店で31日まで提供

県産の桃を盛り込んだシバベのパフェ
県産の桃を盛り込んだシバベのパフェ
備前甘味の会がひんやりスイーツ 加盟6店で31日まで提供
 備前市の飲食店、備前焼ギャラリーでつくる「備前甘味(スウィーツ)の会」は、加盟6店で地元産の果物などを盛り込んだ「夏のひんやりスイーツ」を提供している。31日まで。

 誘客促進に向け、同会は2010年から、備前焼の器にオリジナルのケーキやアイスクリームなどを盛り付けて提供する取り組みを行っている。

 シバベ(香登本)はスライスした1・5個分の岡山県産桃と、生クリーム、アイスクリームを合わせた甘みたっぷりのパフェを用意した。

 ギャラリー里房(伊部)はブルーベリー入りチーズケーキとユズシャーベット▽ブランシュ(同)はフルーツタルト▽ギャラリーしょうざん(香登本)は白桃パイ▽鷹取醤油(しょうゆ)(同)はしょうゆソフト▽茶茶(穂浪)は抹茶シフォンケーキ―を提供している。

 柴部泉会長は「備前焼の魅力と各店が工夫を凝らしたメニューの食べ比べを楽しんで」と話している。

 スタンプラリーも行っており、2店訪れると、会のPRキャラクター「備少女うまいまいちゃん」のメモ帳をプレゼント。3店分集めれば、備前焼風鈴の抽選に応募できる。問い合わせは、事務局の備前商工会議所(0869―64―2885)。

(2019年08月21日 11時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ