山陽新聞デジタル|さんデジ

玉城沖縄知事、名古屋市長と面会 辺野古移設問題「しっかり発信」

 河村たかし名古屋市長(右)と面会する沖縄県の玉城デニー知事=20日午前、名古屋市役所
 河村たかし名古屋市長(右)と面会する沖縄県の玉城デニー知事=20日午前、名古屋市役所
 沖縄県の玉城デニー知事は20日、訪問先の名古屋市で河村たかし市長と面会した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り「安全保障は沖縄だけの問題ではない。しっかり情報発信していきたい」と強調した。

 河村市長は戦時中、名古屋市の市街地が空襲で焼失したことに触れ「つらい思い出は共有している。名古屋で応援できることがあれば」と応じた。愛知県内の企業の沖縄進出など、経済交流にも期待感を示した。

 玉城知事は県民投票で示された辺野古移設反対の民意を踏まえ、基地問題の議論を深めようと、全国キャラバンの一環で名古屋市を訪れた。

(2019年08月20日 12時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ