山陽新聞デジタル|さんデジ

大韓航空が日本路線を見直し 運航休止、大幅に

 韓国・仁川空港の大韓航空機=3月(聯合=共同)
 韓国・仁川空港の大韓航空機=3月(聯合=共同)
 【ソウル共同】大韓航空は20日、日本と韓国を結ぶ路線を大幅に見直すと発表した。9月16日から釜山―関西、11月以降に済州―成田、済州―関西をそれぞれ運航休止とするほか、9月下旬から11月中旬まで仁川―小松、仁川―鹿児島を、9月下旬から10月下旬まで仁川―旭川をそれぞれ一時的に運航を取りやめるという。

 日韓関係の悪化に伴う訪日客のキャンセルが相次ぎ、収益性が低下したのが理由。日本の地方空港とを結ぶ他の路線でも減便を計画している。大韓航空は7月に札幌と釜山を結ぶ路線の運航停止を発表していたが、今回のような大幅な路線見直しは初めて。

(2019年08月20日 11時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ