山陽新聞デジタル|さんデジ

2000年代になって、民主化運…

 2000年代になって、民主化運動が各地で独裁政権を倒した。03年のグルジア(ジョージア)、翌年のウクライナなど旧ソ連諸国での政権交代は「カラー革命」と呼ばれ、11年にチュニジアで起きた「ジャスミン革命」はエジプトなどに波及し「アラブの春」の先駆けとなった▼独裁の側に立てば、不穏な動きは何としても抑え込みたいだろう。中国の習近平指導部がデモで揺れる香港情勢を討議し、「中国共産党を狙ったカラー革命」と認定したと、香港紙が報じている▼実際、香港に接する中国広東省深〓には大規模な武装警察部隊が集結し、威嚇を強めている。だがもし武力介入すれば、1997年の返還で約束した「一国二制度」を否定する暴挙であり、どんな言い訳も許されまい▼中国本土へ容疑者引き渡しができる「逃亡犯条例」がきっかけとなった大規模デモは収束の行方が全く見えない。国際空港がまひし、おとといも約170万人のデモ行進があった▼香港政府が条例撤回を表明しても国民が収まらないのは、国内で言論弾圧を続ける中国の影が見えるからだ。経済や観光への影響も心配だが、享受してきた自由を奪う「香港の中国化」への抵抗はやみそうにない▼「民の口を防ぐは、川を防ぐよりも甚(はなは)だし」。中国の古典の言葉を、まずは中国政府がかみしめるべきであろう。

※〓は土ヘンに川

(2019年08月20日 08時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ