山陽新聞デジタル|さんデジ

効果的な移住マッチングは 岡山県が企業対象に初セミナー

効果的な求人ページの作成方法を学んだ企業向けセミナー
効果的な求人ページの作成方法を学んだ企業向けセミナー
 岡山県は19日、東京23区からの移住希望者と県内企業とのマッチング事業で、企業を対象とした初のセミナーを岡山市内で開き、採用担当者ら約40人がホームページで効果的に求人情報を発信するポイントを学んだ。

 事業を受託する就職情報会社ビズリーチ(東京)の担当者が「求人のターゲットを明確にし、どのような情報が求職者に響くか考えてほしい」などと強調。健全経営や技術力の高さなど会社の強みを具体的な数字で説明し、社風が伝わる写真を多く掲載するようアドバイスした。

 参加者はパソコンを使い、会社概要や求人情報などを盛り込んだ自社の求人ページ作成に挑んだ。

 同事業では、企業の求人情報を掲載する専用サイトを9月に立ち上げ、サイトを通じて就職が決まった移住者に最大100万円を支給する。県はサイト開設に当たって利用企業を募集しており、今後も複数回、同様のセミナーを開く予定。

(2019年08月19日 22時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ