山陽新聞デジタル|さんデジ

タピオカ輸入が過去最高 19年上半期、人気を反映

 タピオカドリンクを持って歩く学生=東京都渋谷区
 タピオカドリンクを持って歩く学生=東京都渋谷区
 大阪税関は19日、2019年上半期(1~6月)の全国のタピオカ輸入量が前年同期に比べ約4・3倍となる4471トン、輸入額も約5・7倍の15億円で、いずれも過去最高になったと発表した。若い女性を中心としたタピオカドリンク人気が背景にある。

 タピオカはもちもちした食感が特徴。暦年ベースで過去最高だった18年を輸入量、輸入額とも既に上回っている。大阪税関の担当者は「かき氷やサラダなど、飲み物以外にも利用する飲食店の動きが広がっており、7~12月も好調を維持するだろう」と話した。

 国・地域別では、台湾からの輸入量が85・8%を占め、タイ、マレーシアが続いた。

(2019年08月19日 20時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ