山陽新聞デジタル|さんデジ

知事が米シリコンバレー訪問 25日から、県内企業売り込み

 岡山県の伊原木隆太知事は、25日から7日間の日程で、世界的なIT企業が集積する米カリフォルニア州のシリコンバレーを訪問する。先進的な技術に関する情報を収集するとともに、産業機械や医療機器を手掛ける県内企業のトップセールスを行う。

 日米の交流を促進する非営利団体「米日カウンシル」の知事会議開催に合わせて訪れる。公募したオーエム産業、ダイヤ工業、ユアサシステム機器、セリオ(以上岡山市)、サムテック・イノベーションズ(津山市)の5社の代表者らも同行する。

 現地ではスタンフォード大で開かれる知事会議に出席し、広島、静岡県の知事らと地域経済の発展に向けた取り組みについてパネル討論。セミナーや展示会にも参加し、同行企業の製品や技術をPRして現地企業との商談、交流を働き掛ける。

 2014年以来のシリコンバレー訪問となる知事は「県内企業の事業展開を促進するとともに、現地関係者とのネットワーク構築を進めたい」としている。

(2019年08月19日 19時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ