山陽新聞デジタル|さんデジ

中国機、海自の護衛艦標的に訓練 探知能力秘匿を優先し政府非公表

 中国軍のJH7戦闘爆撃機(共同)
 中国軍のJH7戦闘爆撃機(共同)
 東シナ海の公海上で5月、中国軍の戦闘機が海上自衛隊の護衛艦を標的に見立てて攻撃訓練をしていた疑いの強いことが18日、分かった。複数の日本政府関係者が証言した。政府は不測の事態を招きかねない「極めて危険な軍事行動」と判断したが、自衛隊の情報探知、分析能力を秘匿するため、中国側に抗議せず、事案を公表していない。現場での偶発的軍事衝突の懸念があり、緊急時の危機回避に向けた仕組み作りが急がれる。

 東シナ海では中国によるガス田の単独開発や公船の領海侵入が続き、日本が抗議を繰り返している。今回の中国機の行動は、東シナ海の軍事的緊張の一端を浮き彫りにした形だ。

(2019年08月19日 06時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ