山陽新聞デジタル|さんデジ

10月に鏡野で環境スポーツ催し カヤックやバイク、参加者募集

昨年10月のイベントでカヤックを楽しむ参加者
昨年10月のイベントでカヤックを楽しむ参加者
 10月12、13日に岡山県鏡野町を舞台に開かれる環境スポーツイベント「岡山 鏡野 SEA TO SUMMIT」の実行委員会(同町、県などで構成)は参加者を募集している。締め切りは9月13日。

 メインは13日の野外活動。奥津湖畔広場(同町河内)を発着するカヤック(7キロ)▽国名勝・奥津渓を自転車で駆け抜けて人形峠を目指すバイク(24・5キロ)▽トレッキングコース「高清水トレイル」で高清水高原(同950メートル)に登るハイク(1・5キロ)―の全長33キロのコースで鏡野の自然を満喫する。

 シングル(高校生以上)とチーム(原則中学生以上の2~5人、小学生の参加は要問い合わせ)、障害者向けに新設された「パラチャレンジ」の3部門があり、定員は先着計300人。参加料は1人1万1550円。県内在住者は参加料が1人6050円となる「県民割」や、初開催の備前市(9月21、22日)でのイベントと合わせて出場すると両市町の特産品がもらえるキャンペーンもある。

 12日は開会式と、環境と健康をテーマにしたシンポジウムが上斎原文化センター(同町上斎原)で開かれる。

 イベントは、アウトドア用品大手モンベル(大阪市)が自治体と連携して2009年から全国で展開。鏡野町では17年から開催しており、3回目。問い合わせは実行委事務局の町産業観光課(0868―54―2987)。

(2019年08月19日 17時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ