山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ、連敗「3」でストップ 新潟に快勝、9位変わらず

前半32分、ファジアーノ岡山の仲間隼斗(右)が先制ゴールを決める=デンカビッグスワンスタジアム
前半32分、ファジアーノ岡山の仲間隼斗(右)が先制ゴールを決める=デンカビッグスワンスタジアム
 明治安田J2第28節第1日(17日・デンカビッグスワンスタジアムほか=9試合)前節9位のファジアーノ岡山はアウェーで同10位新潟を3―0で退け、連敗を3で止める4試合ぶりの勝利を挙げた。勝ち点43(12勝7分け9敗)に伸ばしたものの、9位に変動はなかった。

 首位の柏が長崎に2―1で競り勝ち、10連勝で勝ち点を58に伸ばした。2位の京都は水戸に0―3で完敗して同51のまま。水戸は同48とした。琉球を3―1で下した横浜FCも同48。

岡山3―0新潟
前半1―0
後半2―0

岡山12勝7分け9敗(43)
新潟10勝7分け11敗(37)

 【評】ファジアーノ岡山が試合を優位に進め、連敗から脱出。前半32分、喜山の左サイドへの大きなパスから関戸、上田とつないで仲間が先制点。後半は18分、DFの裏に抜け出した山本がGKとの1対1を決め、ロスタイムには中野が倒されたPKをイ・ヨンジェが沈めた。リードするまではボール保持率を高め、得点してからはカウンターを効果的に使った。試合の締め方も良かった。

 新潟は軽率な守備が目立った。

(2019年08月17日 23時50分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ