山陽新聞デジタル|さんデジ

ユースサッカー美作予選が開幕 3地区トップ切り、県大会目指す

熱戦を繰り広げる鏡野中(青のユニホーム)と久世中の選手たち=美作ラグビーサッカー場
熱戦を繰り広げる鏡野中(青のユニホーム)と久世中の選手たち=美作ラグビーサッカー場
 サッカー中学年代の岡山県王者を決める「2019山陽新聞カップ第28回岡山県ユース(U―15)選手権大会」(県サッカー協会、山陽新聞社主催、岡山県民共済特別協賛)の地区予選は17日、県内3地区のトップを切って美作が開幕した。備前と備中は24日に始まり、中学校とクラブ計108チーム(備前49、備中41、美作18)が31日まで、県大会の出場権を争う。

 美作は2組に分かれたトーナメントで競い、初日は1、2回戦計10試合を実施。A組は美作中、津山東中、勝央中、鏡野中、B組はディヴェルティール、ヴィパルテ、ウィル、Jフィールド津山が各組の準決勝に進んだ。

 県大会は9月21~23日、岡山市のシティライトスタジアムなどであり、地区予選を突破した12チーム(備前5、備中5、美作2)に、県中学校総体優勝の総社東中と日本クラブユース選手権(U―15)県大会を制した鷲羽FCのシード2チームを加えた計14チームがトーナメントで覇を競う。

 【美作】A組 1回戦 鶴山中1(PK4―3)1大原中、鏡野中2―0久世中▽2回戦 美作中1(PK4―2)1勝山中、津山東中2―0落合中、勝央中10―0作東中、鏡野中6―0鶴山中

 ▽B組 2回戦 ディヴェルティール6―1津山西中、ヴィパルテ7―0北陵中、ウィル4―3蒜山中、Jフィールド津山13―0中道中

(2019年08月17日 21時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ