山陽新聞デジタル|さんデジ

環太平洋大が頂点、岡山商大下す 岡山県大学野球大会最終日 

【岡山商大―環太平洋大】5回裏環太平洋大1死二塁、見村が左越えに適時二塁打を放ち3―1とする。捕手平=マスカット補助
【岡山商大―環太平洋大】5回裏環太平洋大1死二塁、見村が左越えに適時二塁打を放ち3―1とする。捕手平=マスカット補助
 山陽新聞社杯第8回岡山県大学野球大会(中国地区大学野球連盟主催、山陽新聞社共催)最終日は16日、倉敷市のマスカット補助球場で優勝決定戦と順位決定戦があった。優勝決定戦は環太平洋大が岡山商大を8―1の七回コールドで下し、3年ぶり5度目の頂点に立った。

 環太平洋大は一回、松岡の2点適時打で先制。五回は5本の短長打を集めて4点を奪った。先発した主戦西山は、6回を被安打4の自責点0に抑えた。

 ▽優勝決定戦

岡山商大
0000100|1
2000411x|8
環太平洋大
(七回コールド)
(岡)水野、杉山、桑原―平
(環)西山、小谷―平松
▽二塁打 盛田(岡)見村、平松、祝出、松本(環)

 ▽3位決定戦

岡山大
010000010|2
000001000|1
吉備国大
(岡)岡本、山本―畠中、杉能
(吉)田口、松田、中沢、右田、寺地―藤井

 ▽5位決定戦

川崎医福大
000400000|4
100002011x|5
岡山理大
(川)山下寛、広恵、三宅、山下勇―田原
(岡)山本、糸谷―住田
▽二塁打 山下勇(川)福山(岡)

(2019年08月16日 22時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ