山陽新聞デジタル|さんデジ

遺族ら60人 平和の誓い新たに 岡山県護国神社で「祈願祭」

戦没者の冥福を祈る参列者=岡山県護国神社
戦没者の冥福を祈る参列者=岡山県護国神社
 岡山市中区奥市の岡山県護国神社で15日、「終戦の詔書奉戴 日本興隆祈願祭」(同神社など主催)があり、遺族ら約60人が戦没者を慰霊し、平和への誓いを新たにした。

 黙とうに続き、遺族の代表らが祭壇に玉串を奉納。昭和天皇による玉音放送の録音が流されると、参列者は静かに目を閉じた。

 海軍にいたいとこを亡くした男性(81)=同市北区=は「令和が戦争のない時代であってほしい」と話した。

 午後7時からは境内に約1200個のちょうちんを掲げる「萬燈(まんとう)みたま祭」を開催。16日は同時刻から通常通り行う。

(2019年08月15日 12時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ