山陽新聞デジタル|さんデジ

台風10号接近、岡山県内に暴風 7市町10万世帯に避難準備情報

被害状況や今後の対応方針を確認した岡山県の危機管理チーム会議=岡山県庁
被害状況や今後の対応方針を確認した岡山県の危機管理チーム会議=岡山県庁
 大型の台風10号は豊後水道を北上して中国地方に上陸後、15日夜には山陰沖に進んで西日本を縦断する。

 岡山県内は15日夕方、台風が最も近づく見通し。岡山地方気象台は同日未明、県内全域に暴風警報、南部の7市に波浪警報を発表。風雨は次第に強まり、午前11時までの最大瞬間風速は岡山市31・3メートル(午前10時5分)玉野市28・8メートル(同9時51分)岡山空港23・1メートル(同10時14分)など。暴風警報と波浪警報は午後3時11分に解除となった。

 玉野市・宇野港の満潮は15日午後11時55分。潮位は2メートルを超える恐れがある。

 16日正午までの24時間予想雨量は、岡山県内は多い所で北部250ミリ、南部150ミリ。1時間に50~60ミリの激しい雨が降る可能性もある。

■岡山県も特別警戒体制

 台風10号の接近に伴い、岡山県は15日午前9時から特別警戒体制をとった。県庁で危機管理チーム会議を開き、各部署や県警、岡山地方気象台などの担当者が早めの避難措置や関係機関との連携強化を図るよう申し合わせた。

 県内では、早めの避難を呼び掛ける自治体が相次いでいる。浅口市は午前6時、全域に避難準備・高齢者等避難開始情報を発令。同10時半現在、倉敷、玉野、笠岡市など7市町が計約10万3千世帯に避難準備・高齢者等避難開始情報を出し、79カ所に避難所が開設されている。

 岡山市は15日午前1時8分、市保健福祉会館(北区鹿田町)8階に災害警戒本部を設置し、同11時に災害対策本部に切り替えた。正午現在のまとめでは、北区で同7時半ごろ、60代男性が犬の散歩中に風にあおられて転倒、顔と右肘を負傷した。救急搬送されたが軽傷もようという。

 倉敷市は15日午前6時、災害対策本部を設置した。同10時には、市内沿岸部の2万5165世帯5万5955人に避難準備・高齢者等避難開始情報を発令。児島、玉島、水島地区の小中学校など18カ所に避難所を開設した。午前11時半現在、60~80代の男女3人が市内で風にあおられて転倒、病院に搬送された。

 交通関係にも大きな影響が出ている。山陽新幹線や県内のJR全線が運休したのをはじめ、高速道路では瀬戸中央道の児島―坂出インター間の上下線が15日午前3時半から通行止め。県管理の一般道は同8時現在、災害発生の恐れがあるとして真庭市と備前―岡山市間の計2カ所が全面通行止めとなっている。

 岡山桃太郎空港では15日午前11時現在、岡山―東京間の計11便と上海行きの1便が欠航。同9時に岡山着予定のソウル便が関西空港へ行き先を変更したため、折り返しのソウル行きも運休した。

■3900戸が停電

 岡山県内では15日午前11時現在、台風10号に伴う強風による断線などで、岡山、倉敷、玉野、井原、高梁、真庭市で計約3900戸が停電している。中国電力岡山支社が復旧に当たっている。

(2019年08月15日 16時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ