山陽新聞デジタル|さんデジ

庭園に隠れたののちゃん一家探せ 玉野・深山公園でクイズラリー

ののちゃん一家を探すクイズラリーの用紙と限定マグネット付き缶バッジ
ののちゃん一家を探すクイズラリーの用紙と限定マグネット付き缶バッジ
 深山公園(玉野市田井)の深山イギリス庭園で、園内に隠れた市のイメージキャラクター・ののちゃん一家を探す夏恒例のクイズラリーが開かれている。31日まで。

 ののちゃんと父・たかし、母・まつこ、兄・のぼる、祖母・山野しげ、飼い犬・ポチの顔をデザインした10センチ四方のプレート6枚が、入り口付近の池「カナール」、中心部にある「バラの庭」、西洋風のあずまや「ガゼボ」など園内6カ所に1枚ずつある。

 参加者は園内を巡って見つけたプレートに記されている数字を、所定の用紙に記入する。全問正解すると、ののちゃんをあしらった限定のマグネット付き缶バッジがもらえる。

 深山公園を管理する市公園緑化協会は「今の時期は黄色が鮮やかなルドベキアなどが見頃。クイズラリーに参加しながら夏の庭園を満喫してほしい」と呼び掛けている。

 クイズラリーは参加無料だが、入園料として中学生以上200円、小学生と65歳以上100円が必要。開園は午前9時~午後4時半。水曜定休。問い合わせは市公園緑化協会(0863―21―2860)。

(2019年08月13日 11時55分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ