山陽新聞デジタル|さんデジ

【ファジ】大宮戦写真ダイジェスト 勝負分けた1本のフリーキック

直接フリーキックで先制点を許し、悔しい表情を見せるGK一森選手(右から2人目)
直接フリーキックで先制点を許し、悔しい表情を見せるGK一森選手(右から2人目)
 サッカーJ2ファジアーノ岡山は10日、ホーム・シティライトスタジアム(岡山市北区いずみ町)で大宮と対戦。前半は両チームとも我慢比べのような展開。勝負を分けたのは後半20分でした。直前に途中出場した大宮の大前元紀選手の直接フリーキックで0-1と先制され、今季初の3連敗を喫しました。GK一森純選手は「(0-0で折り返した)前半は良かった。キッカー(大前選手)との駆け引きで自分が負けた」と悔しさをにじませました。
試合前には「スプラッシュピッチ」と銘打って、事前に申し込んだ子どもたちが水浴びを楽しんだ
試合前には「スプラッシュピッチ」と銘打って、事前に申し込んだ子どもたちが水浴びを楽しんだ
大宮戦のスタメン
大宮戦のスタメン
クロスボールを頭で合わせるイ・ヨンジェ選手
クロスボールを頭で合わせるイ・ヨンジェ選手
後半に途中出場した三村真選手(右端)
後半に途中出場した三村真選手(右端)
終了間際にはGKも攻撃参加したが、ネットは揺らせなかった
終了間際にはGKも攻撃参加したが、ネットは揺らせなかった
バックスタンドのサポーターに頭を下げる選手たち
バックスタンドのサポーターに頭を下げる選手たち

(2019年08月10日 22時22分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ