山陽新聞デジタル|さんデジ

笠岡湾干拓地にヒマワリ咲き競う 家族連れら魅了、10日にフェス 

見頃を迎えた道の駅笠岡ベイファーム近くのヒマワリ畑
見頃を迎えた道の駅笠岡ベイファーム近くのヒマワリ畑
 笠岡市カブト南町、道の駅笠岡ベイファーム近くの畑でヒマワリが見頃を迎え、咲き競う黄色い大輪に家族連れらが魅了されている。10日には一帯で恒例の「ひまわりフェスティバル」も開かれる。

 ヒマワリは10ヘクタールで作付け時期をずらして栽培されており、現在6ヘクタールが満開。あちこちで写真を撮る人が見られ、大阪から笠岡市の祖父母宅に帰省中という男の子(5)は「ヒマワリは大きくてきれいで大好き」と喜んでいた。残りの4ヘクタールは間もなく見頃になる見込みという。

 フェスティバルでは笠岡湾干拓地の農場で採れた野菜のセールやビンゴ大会、スイカ割りなどが行われる。

(2019年08月08日 23時41分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ