山陽新聞デジタル|さんデジ

参院選岡山で若年層の投票が低迷 10、20代の3人に2人が棄権

参院選岡山で若年層の投票が低迷 10、20代の3人に2人が棄権
 岡山県選管は8日、参院選岡山選挙区(7月21日投票)で行った年代別投票率の抽出調査結果をまとめた。最も低かった20~24歳の27・54%を含め、10代、20代は3人に2人が棄権した計算で、若年層の低迷が際立った。

 調査は4市区町村の各1投票所(有権者数計7033人)で実施。年代は基本的に5歳刻みとし、18、19歳と80歳以上を含めて計14区分で算出した。

 20~24歳に次いで年代別で低かったのは18、19歳の27・74%。以下、25~29歳の32・31%▽30~34歳の35・67%▽40~44歳の37・89%―の順で、8区分は50%を割り込んだ。最高は65~69歳の66・62%。全体は49・17%で、過去最低だった実際の投票率(45・08%)よりは高かった。

 2016年の前回参院選と比べて、マイナス幅が最も大きかったのは18、19歳の10・47ポイント。40~44歳の10・33ポイントが続くなど、11区分で前回を下回った。

 県選管は「SNS(会員制交流サイト)などを使った若者向けの啓発に加え、投票環境の充実に努めたい」としている。

18、19歳の抽出調査結果を訂正


 県選管は8日、参院選岡山選挙区で投票翌日に公表した18、19歳の投票率抽出調査結果で、18歳を24・69%から30・68%、19歳を31・08%から23・88%に訂正した。調査対象となった自治体から県への報告が誤っていたという。

 県によると、4市区町村のうちの一つが18歳と19歳の有権者数、投票者数を取り違えていた。18、19歳を合わせた10代の投票率は、有権者数と投票者数の合計が同じのため変わらない。県選管は「確認不足が原因。再発防止を徹底したい」としている。

(2019年08月08日 20時51分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ