山陽新聞デジタル|さんデジ

高梁で10日 マンガ絵ぶたまつり 巨大な立体像楽しんで

備中神楽や備中松山城など迫力たっぷりの絵ぶたが練る会場=2017年8月12日
備中神楽や備中松山城など迫力たっぷりの絵ぶたが練る会場=2017年8月12日
 アニメや漫画のキャラクターなどを題材にした地元住民手作りの巨大な立体像が練り歩く「マンガ絵ぶたまつり」(実行委主催)が10日、高梁市川上町地頭のマンガ絵ぶた公園一帯で開かれる。

 絵ぶたは青森県の「ねぶた」を模した像。針金で組んだ骨組みに紙を貼り、表面に描いた絵を内部の電球で照らして鮮やかに浮かび上がらせる。今年は8団体の作品が登場し、実行委によると、最大で高さ4・5メートル(台車含む)に上るという。

 当日は焼き鳥やかき氷などの模擬店が並び、ステージで和太鼓やオールディーズバンドの演奏が繰り広げられる。午後6時半~10時。小雨決行。問い合わせは実行委事務局の備北商工会川上支所(0866―48―2000)。

(2019年08月08日 13時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ