山陽新聞デジタル|さんデジ

新見で10日「ふるさとまつり」 2年ぶり、夏踊りやステージ多彩

新見で10日「ふるさとまつり」 2年ぶり、夏踊りやステージ多彩
 新見市の夏の祭典「新見ふるさとまつり」が10日午後4時~10時、JR新見駅前通り一帯で開かれる。昨夏は西日本豪雨の影響で中止となり、2年ぶりの開催となる。

 メインの夏おどりは駅前通りの車両通行を規制したおまつり広場で、新見郵便局前に特設したやぐらを囲み、地元の企業や団体など踊り連35連1500人以上が軽快に踊り歩く。後半の第2部は飛び入り参加できる。

 駅前の昭和橋は「星空屋台村」の12店が連なり、昭和町公園周辺には露店市の33店が並ぶ。通り脇の駐車場にはステージなどのイベント広場を設け、午後4時から書道やダンスのパフォーマンス、吹奏楽団の演奏、ビンゴゲームを繰り広げる。

 会場一帯は午後4時~10時半、順次車両通行禁止となる。雨天順延。問い合わせは新見商工会議所(0867―72―2139)。

主なイベント


(開始予定時刻、かっこ内は会場)

16:00 露店市(昭和町公園周辺)▽ふわふわドーム、スタンプラリー、菓子釣り、新見高書道部パフォーマンス(エンドレス第2駐車場)
16:30 DELIGHTダンスパフォーマンス( 〃 )
18:00 新見ウインドアンサンブル演奏( 〃 )
18:30 星空屋台村(昭和橋)
18:40 開会式、児童ポスターコンクール表彰式(おまつり広場)
18:50 夏おどり第1部( 〃 )
19:00 レモン・おでんの早食い大会(エンドレス第2駐車場)
20:15 夏おどり第2部(おまつり広場)▽未成年の主張(エンドレス第2駐車場)
21:00 ビンゴゲーム(エンドレス第2駐車場)

※主催者の都合などで変更になる場合があります。

(2019年08月08日 16時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ