山陽新聞デジタル|さんデジ

台風とご近所トラブル

台風とご近所トラブル
 台風シーズンになりました。この時期に増える相談が、台風通過後の近隣とのトラブル問題です。強風で家の瓦や塀の一部などが飛んでしまい、近隣の家屋や車を傷つけたり、あるいは人にけがをさせてしまったり…被害を受けた方から損害賠償を求められた場合、どのように対応すべきでしょうか。

民法に「土地の工作物責任」
土地使用者に損害賠償義務


 民法717条には「土地の工作物責任」という決まりがあり、①「土地の工作物」の、②「設置または保存に瑕疵(かし)」があることによって、他人に損害が生じたとき、③「占有者」に損害賠償をする義務がある、と定められています。

 ①「土地の工作物」というのは、建物やブロック塀など、土地に接着して設置された物をいいます。瓦も土地工作物(建物)の一部ということになります。②「設置または保存の瑕疵」とは、さきほどの工作物がその用途に応じて通常有すべき安全性を欠くことをいいます。例えば屋根が老朽化していたり、塀が傾いていたりしたにもかかわらず、それを放置していた、ということであれば、通常有すべき安全性を欠くと判断される可能性は高くなるでしょう。そして、③「占有者」とは、要するにその土地を使っている人を言いますから、家の住民などがこれにあたります。

安全性に問題がない場合は
不可抗力で責任ない場合も


 今回のケースでは②が問題になりそうです。飛んでしまった瓦や塀には、「通常有すべき安全性」があったでしょうか。例えば台風の規模が非常に強く、あちこちの家の屋根や塀が飛ぶほどの被害が出たのであれば、これは安全性に問題があったことが原因というより、不可抗力による被害ということになりそうです。ですから損害を賠償する責任はないでしょう。一方、周囲には大した被害はないということになると、飛んでしまった瓦や塀の安全性に元々問題があったということになりそうです。その場合は被害を受けた方の損害を賠償しなければならなくなるでしょう。

 いずれにせよこの点は、台風の規模や被害の状況などによって微妙な判断を求められることがありますので、お悩みの際はぜひお近くの弁護士にご相談ください。

(2019年08月01日 14時58分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ