山陽新聞デジタル|さんデジ

【ファジ】柏戦写真ダイジェスト ホームでは開幕戦以来の負け

試合終了のホイッスルが鳴った直後、うなだれる選手たち
試合終了のホイッスルが鳴った直後、うなだれる選手たち
 サッカーJ2ファジアーノ岡山は31日、ホーム・シティライトスタジアム(岡山市北区いずみ町)で柏と対戦。立ち上がりを攻められ、7分までに2点を献上。後半2分にオウンゴール、さらに同44分にも失点し、0-4で惨敗しました。ホームでは開幕戦以来の負け、連勝は4でストップしました。試合後、有馬賢二監督は「前半と後半の入りでやられて、ゲームを難しくした。しかし、積み上げたものがなくなるわけではない。次のゲームでできるように質を上げていきたい」と語りました。
平日のナイトゲームということもあって、スーツなどを着た仕事帰りの人たちの姿も見られた
平日のナイトゲームということもあって、スーツなどを着た仕事帰りの人たちの姿も見られた

柏戦のスタメン
柏戦のスタメン

前半7分に0-2とされ、立ち尽くすファジアーノ選手たち
前半7分に0-2とされ、立ち尽くすファジアーノ選手たち

前半の給水タイムで、有馬監督から指示を受ける選手たち
前半の給水タイムで、有馬監督から指示を受ける選手たち

中野誠也選手(中央)は今季初のフル出場。「あと一歩のシーンもあった。決め切らないといけない」と次節へ気持ちを切り替えていた
中野誠也選手(中央)は今季初のフル出場。「あと一歩のシーンもあった。決め切らないといけない」と次節へ気持ちを切り替えていた

後半44分、4失点目を喫し、肩を落とす選手たち
後半44分、4失点目を喫し、肩を落とす選手たち

11148人が来場。試合後には選手たちにエールを送っていた
11148人が来場。試合後には選手たちにエールを送っていた

(2019年07月31日 23時01分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ