山陽新聞デジタル|さんデジ

竜操が初優勝 御南に逆転サヨナラ 岡山県中学野球決勝

【御南―竜操】7回裏竜操無死二、三塁、阿慶田が中越え二塁打を放ち、5-4で逆転サヨナラ勝ち。投手鈴木、捕手田渕=倉敷マスカット
【御南―竜操】7回裏竜操無死二、三塁、阿慶田が中越え二塁打を放ち、5-4で逆転サヨナラ勝ち。投手鈴木、捕手田渕=倉敷マスカット
 山陽新聞社杯争奪第70回岡山県中学校野球選手権大会(県中体連、県軟式野球連盟、山陽新聞社など主催)最終日は29日、倉敷市のマスカットスタジアムで準決勝と決勝があり、決勝は竜操が御南に5―4で逆転サヨナラ勝ちし、初優勝を飾った。

 備前西地区同士がぶつかった決勝。竜操は、3―4で迎えた最終七回、無死二、三塁で阿慶田が中越えにサヨナラの2点二塁打を放った。初の決勝に進んだ御南は、七回に2点差を追い付く粘りも実らなかった。

 閉会式では山陽新聞社から竜操に優勝旗、御南に準優勝盾が贈られた。最優秀選手賞は竜操の藤田隼人投手、敢闘賞は御南の鈴木晴道投手、打撃賞は竜操の天藤優春捕手が選ばれた。

 竜操と御南は全国大会(8月17~20日・滋賀県)の出場2枠を争う中国大会(同7、8日・松江市ほか)に出場する。

 ▽決勝

御南
0010003|4
0020102x|5
竜操

▽本塁打 藤光
▽三塁打 坪井、天藤▽二塁打 妹尾、入江、阿慶田

 【評】竜操が土壇場で再逆転した。2点差をひっくり返された七回、死球の後、代打入江が左翼線を破って無死二、三塁とし、阿慶田が中越えに逆転サヨナラ打を放った。藤光のランニング本塁打など5長打を生かした攻めは残塁3と効率が良い。連投の主戦藤田がマウンドを守り抜いた。

 御南は七回、妹尾の2点二塁打などで3点を奪う粘りを見せただけに、惜しかった。


 ▽準決勝

御南
3030110|8
1201000|4
琴浦

▽三塁打 鈴木▽二塁打 河合、増田

 【評】御南が毎回の13安打で打ち勝った。一回1死から敵失と四球で走者をため、中軸の河合、鈴木が連続長短打を放ち3点を先制。同点とされた直後の三回は、下位の岡本、白石の適時打で3点を勝ち越すなど打線に厚みがあった。六回から継投に出て逃げ切った。

 琴浦は二回、室家の2点適時打で追い付いたが、4連投の主戦佐藤天が踏ん張れなかった。


竜操
1120001|5
0020200|4
倉敷西

▽三塁打 内山、藤光▽二塁打 近藤▽暴投 近藤、藤田

 【評】竜操は4―4の七回、黒崎が中前打で出塁し2死後、藤光が右翼線へ決勝の適時三塁打を放った。敵失や四死球絡みで奪った序盤3回の4点も大きかった。7安打を許した右腕藤田は粘り強い投球で完投し、バックがもり立てた。

 倉敷西は一回の連続エラーを含む5失策が悔やまれる。五回にエース近藤と西郷の適時打で追い付くなど打力は見せた。

(2019年07月29日 23時23分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ