山陽新聞デジタル|さんデジ

笠岡の夜空彩る大輪5500発 港まつり花火大会、家族ら大歓声

笠岡の夜空を華やかに彩った花火
笠岡の夜空を華やかに彩った花火
 「笠岡港まつり2019花火大会」(笠岡祭行事実行委主催)が27日、笠岡市の同港一帯で開かれ、約5500発が笠岡の夏の夜空を華やかに彩った。

 午後8時、海上に「夢ひらくまち笠岡」の文字が浮かび上がり、光と音のショーがスタート。「ドーン」という大音響とともに大玉や連射のスターマインなどが次々と打ち上げられた。

 会場には家族連れや浴衣姿のカップルらがどっと詰め掛け、赤や黄、青色の大輪が頭上で花開くたび、大きな歓声が上がった。家族らと訪れた会社員男性(29)=同市=は「毎年来ているが、今年は特に迫力十分で見応えがあった」と喜んでいた。

(2019年07月29日 19時37分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ