山陽新聞デジタル|さんデジ

翠松、創志学園などベスト8 夏の高校野球岡山大会第10日

【光南-岡山東商】1回裏岡山東商2死一、三塁、石村の内野安打で1-0と先制する。捕手藤尾=倉敷マスカット
【光南-岡山東商】1回裏岡山東商2死一、三塁、石村の内野安打で1-0と先制する。捕手藤尾=倉敷マスカット
 第101回全国高校野球選手権岡山大会第10日は23日、倉敷市のマスカットスタジアムと市営球場で3回戦の残り4試合が行われ、翠松、岡山東商、創志学園、倉敷商が勝って8強が出そろった。

 翠松は計24安打が飛び交った岡山工との打撃戦を8―7で制し、初の準々決勝進出。岡山東商は左腕2人による継投でAシードの光南を4―1で破った。創志学園は古城池に10―0、倉敷商は玉野商工に15―1でともにコールド勝ちを収めた。

 第11日の24日は準々決勝2試合がマスカットスタジアムである。

 ▽3回戦

岡山東商 粘り勝ち

光南
000010000|1
20200000X|4
岡山東商
▽本塁打 藤尾
▽二塁打 小林

 【評】岡山東商は左腕2人の継投で5安打に抑えた。先発赤井は毎回走者を出しながら5回1失点と粘り、村上は4回で6三振を奪った。打線は一回2死から岡本、仲前、石村、山下の4連打と押し出しで2点を挙げ、三回は青木と赤井の連続適時打で加点した。

 光南は三回途中から登板した右腕山本が好投。上位打線が封じられ、藤尾のソロ本塁打による1点のみに終わった。

翠松、相手好投手を攻略

翠松
001050200|8
002000500|7
岡山工
▽二塁打 高後、三浦▽暴投 平井、川野

 【評】翠松は甘い球を逃さず、相手の好左腕川野を攻略した。1―2の五回1死二塁から、高後の二塁打で同点とし、続く菅野の左前打に敵失が絡んで勝ち越し。なおも相手ミスなどでこの回5点を挙げた。七回、井上の中前適時打などで加えた2点が大きかった。

 岡山工は14安打。七回に6安打で5点を奪い、1点差に迫ったが、八回1死二、三塁の逸機が痛かった。

創志学園 3試合連続2桁得点

古城池
000000|0
201034x|10
創志学園
(六回コールド)
▽二塁打 西、森岡2、竹内▽暴投 玉岡

 【評】毎回の14安打を放った創志学園は3試合連続の2桁得点。一回に森末の遊撃内野安打などで2点を先制し、三回は森岡、五回は竹内の二塁打で加点した。六回は2死から森末、森岡の連続適時打など4安打を集めて試合を決めた。右腕西は6回を単打2本に抑え二塁を踏ませなかった。

 古城池は内野守備の乱れが失点につながり、打線も沈黙した。

倉敷商が先発全員の18安打

倉敷商
4002135|15
0000010|1
玉野商工
(七回コールド)
▽三塁打 祢屋▽二塁打 岡田2(倉)、田口、片山、山下▽暴投 国本、正本

 【評】倉敷商が先発全員の18安打で2戦連続のコールド勝ちを収めた。一回、祢屋、原田の長短打と福島の犠飛、田口と川井の適時打で4点を挙げ、ペースを握った。中盤以降も攻め立て計15得点。先発の左腕木村は制球も良く5回を単打3本、8三振を奪った。

 玉野商工は出はなをくじかれ、六回に片山、山下の連続二塁打で一矢報いるのがやっとだった。

(2019年07月23日 22時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ