山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山特化のCFサービス開始 地域活性化へ山陽新聞社など3社

「晴れ!フレ!岡山」のホームページ画面
「晴れ!フレ!岡山」のホームページ画面
 山陽新聞社(岡山市北区柳町)は22日、中国銀行(同丸の内)、クラウドファンディング(CF)運営のレディーフォー(東京)と連携し、岡山エリアに特化したCFサービスを始めた。「晴れ!フレ!岡山」の名称でプロジェクトを募集。地域活性化などに取り組む団体や企業、個人の資金調達をサポートする。

 人口減など地域課題の解決や地元資源を活用した創業、商品開発に取り組む実行者のプロジェクトを専用サイトに掲載し、全国から資金を受け付ける。一定期間に目標額が集まった場合のみ資金を提供。実行者は出資者に対し、商品やサービスを返礼品として送る。

 サイトはレディーフォーが運営。中国銀行はプロジェクト案件の発掘や計画作りの提案、山陽新聞社は広報活動を担う。

 CFはインターネットを通じて大勢の人から資金を集める仕組み。レディーフォーはCF大手で2014年設立。これまでに1万件以上のプロジェクトを支援し、58万人から90億円以上の資金を集めた実績がある。

 電子版「山陽新聞デジタル(さんデジ)」から専用ホームページ(https://www.sanyonews.jp/harefure)にアクセスできる。問い合わせは、山陽新聞社「晴れ!フレ!岡山」事務局(086―803―8030)。

(2019年07月22日 21時51分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ