山陽新聞デジタル|さんデジ

トラック自動運転の新基準提案へ 経産省、隊列走行性能を評価

 経済産業省が、人が運転するトラックの後ろに自動運転のトラックが連なって走る「隊列走行」の性能を評価する新たな基準を10月にも国際標準化機構(ISO、本部スイス)に提案することが20日、分かった。既に高速道路や駐車場でのトラックや乗用車の自動運転に関する基準を提案した。日本企業の競争力向上を支援するのが狙いで、日本基準が国際的な標準に採用されれば、海外市場で製品の大きな仕様変更などが不要になり、日本勢に有利に働く。

 物流業界の人手不足解消の切り札として期待される隊列走行は、運転手が乗ったトラックの後ろを自動運転の無人車が続いて走る仕組み。

(2019年07月20日 17時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ