山陽新聞デジタル|さんデジ

20日の天領夏祭りで交通規制 主会場の倉敷中央通り

20日の天領夏祭りで交通規制 主会場の倉敷中央通り
 第49回倉敷天領夏祭り(倉敷市、倉敷商工会議所などでつくる実行委主催)が20日、JR倉敷駅周辺で開かれるのに合わせ、倉敷署は同日午後4時~10時、主会場の倉敷中央通り約800メートル区間を交通規制する=地図

 車両が全面通行止めになり、規制区間に面した駐車場の出入りもできなくなる。

 祭りは昨年、西日本豪雨の影響で中止され、2年ぶりの開催。通りでは午後4時から地元中学・高校吹奏楽部などの約350人がパレード。6時からメインの「代官ばやし踊り」、7時15分からはロック調の「OH!代官ばやし踊り」があり、計37団体約2800人が夏の一夜を盛り上げる。

 市の魅力を発信する「倉敷小町」の最終審査、将棋大会や大道芸など多彩なイベントも開催。近くの商店街では土曜夜市がある。

 小雨決行(中止の場合は公式ホームページに掲載)。問い合わせは祭り本部(086―421―3062、086―421―3068)。

(2019年07月20日 15時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ