山陽新聞デジタル|さんデジ

台風5号、西日本に接近 21日にかけ大雨の恐れ

 大型の台風5号は19日も北寄りに進み、20日には黄海から朝鮮半島に上陸する見通し。台風本体の雨雲や本州付近に停滞する梅雨前線の影響で、参院選投開票日の21日にかけて列島の広い範囲で大雨になる恐れがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風は19日午後9時現在、九州の西の東シナ海を時速25キロで進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心の東側650キロ以内、西側370キロ以内は風速15メートル以上の強風域。22日までに温帯低気圧に変わるとみられる。

(2019年07月19日 22時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ