山陽新聞デジタル|さんデジ

玉野商工、八回集中打で一気4点 甲子園出場校の城東を撃破

【玉野商工―城東】8回裏玉野商工1死満塁、河原が右中間に走者一掃の適時二塁打を放ち、7―4と勝ち越す。捕手三村=倉敷市営
【玉野商工―城東】8回裏玉野商工1死満塁、河原が右中間に走者一掃の適時二塁打を放ち、7―4と勝ち越す。捕手三村=倉敷市営
 第101回全国高校野球選手権岡山大会第5日は17日、倉敷市のマスカットスタジアムなどで1回戦7試合があり、玉野商工は2度のビッグイニングで城東に8―4で競り勝った。

 ◇

 4―4の同点に追い付かれた直後の八回裏。玉野商工ナインが甲子園出場校の城東を撃破する4点を奪ったのは、角田監督のハッパがきっかけだった。「球を見極めて、ここで決めろ」

 1死から山下が自身三つ目の四球を選ぶと、「変化球を待っていた」と言う橋本がカーブを左前にはじき返してつなぎ、なおも四球で満塁と攻め立てる。「1年生が頑張って投げているのを助けたかった」と続く河原。ここまで無安打の2年生は高めの変化球を右中間に運び、走者を一掃した。先輩の援護を受けた左腕長谷川も右翼線適時二塁打で続き、完投した自らを楽にした。

 関西、沖縄尚学で計8度甲子園に導いた指揮官が就任したのは、2年前の岡山大会後。当時9人だった部員は35人に増えた。グラブの出し方、下半身を意識したスイングなど基礎から徹底的に鍛え直したことで、「着実に自信と力が付いている」と2安打の主将橋本は言う。相手に先行されても慌てず、3点差に開いた直後の五回も集中打で4点を奪ってみせた。

 角田監督は「緻密な野球をやりながら、がんがん打ちもするよ」と笑みを浮かべる。「次は緊張した今日よりも良い投球をする」と4失点ながら10奪三振の長谷川。百戦錬磨の名将と伸び盛りの選手たちが「台風の目」になるかもしれない。

(2019年07月18日 09時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ