山陽新聞デジタル|さんデジ

イコットニコットに飲食3店開業 18日以降、カフェやサバ料理店

飲食店3店がオープンする「イコットニコット」
飲食店3店がオープンする「イコットニコット」
 JR岡山駅前の複合施設「ICOTNICOT(イコットニコット)」(岡山市北区駅前町)に18日以降、居酒屋やカフェなど飲食店3店がオープンする。昨年12月の開業後、徐々にテナントが入り、低層、高層階はほぼ満床になる。空きフロアでも集客イベントを計画している。

 3店はいずれも1階に入居する。18日には居酒屋「大阪満マル」が開店。中四国初出店となる米国発のカフェ「グリーンベリーズコーヒー」は31日に、岡山県内初進出のサバ料理専門店「SABAR(サバー)」は8月中旬に、それぞれオープンする。

 空きテナントがある3階では27日から9月29日まで、毒グモやカエルなど気味が悪いイメージの世界の生き物44種を集めた「キモい展」(テレビせとうちなどでつくる実行委主催)を開催。曜日限定で、ふれあい体験や昆虫食の試食会もある。

 ドレミの街から改称したイコットニコットは地上7階地下2階で、高層階のホテルや地下のスーパーが核テナント。運営するエイムクリエイツ(東京)は今年に入り、トレーニングジムや学習塾、資格試験予備校などを誘致した。空きが多い3、4階は引き続きイベントなどにも活用していく方針。

 同社は「集客力を高め、地域のにぎわいづくりに貢献したい」としている。

(2019年07月18日 10時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ