山陽新聞デジタル|さんデジ

大相撲、鶴竜11連勝で首位守る 名古屋場所、1敗白鵬不戦勝

 鶴竜が突き倒しで琴奨菊を下す=ドルフィンズアリーナ
 鶴竜が突き倒しで琴奨菊を下す=ドルフィンズアリーナ
 大相撲名古屋場所11日目(17日・ドルフィンズアリーナ)横綱鶴竜は平幕琴奨菊を突き倒して無傷の11連勝とし、単独トップを守った。横綱白鵬は大関高安の休場による不戦勝で10勝1敗。昭和以降初めて4大関が不在となった。

 関脇御嶽海は明生を寄り切って7勝目。新小結竜電は遠藤に寄り切られて負け越した。

 勝ちっ放しの鶴竜を1敗で白鵬が追い、2敗で平幕の友風と照強の2人が続く展開となった。十両は剣翔が2敗で単独首位を維持した。

(2019年07月17日 19時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ