山陽新聞デジタル|さんデジ

興譲館、理大付などが1回戦突破 夏の高校野球岡山大会第3、4日

【理大付―高梁】5回裏理大付1死一、三塁、池ノ内の左犠飛で三走土山が生還し、3―1とする=エイコン
【理大付―高梁】5回裏理大付1死一、三塁、池ノ内の左犠飛で三走土山が生還し、3―1とする=エイコン
 第101回全国高校野球選手権岡山大会第3、4日は15、16日、倉敷市のマスカットスタジアムなどで1回戦計13試合があった。

 作陽が5―3で青陵にサヨナラ勝ちしたほか、興譲館は九回に4点差をはね返し、倉敷を8―7の逆転サヨナラで下した。投打がかみ合った美作は西大寺に7―0で八回コールド勝ち。理大付は4―1で高梁を退けた。

 第5日の17日は同スタジアムなどで1回戦残り7試合がある。

第 3 日


 ▽1回戦

作陽が会心の2点弾

青陵
000001020|3
000003002x|5
作陽
▽本塁打 別府、後藤
▽二塁打 後藤、松井、今井

 【評】作陽がサヨナラ勝ち。同点の九回1死一塁、後藤が右越えに2点本塁打を運んだ。1点を追う六回は山中の適時打と連続押し出し四球で3点を挙げた。ただ好機でのバント失敗や走塁ミスは反省点。左腕加藤はテンポの良い投球で10三振を奪った。

 青陵は主戦別府が打っても八回に同点2ランを放つなど奮闘したが、一球に泣いた。

興陽 ミスに乗じ逆転

吉備高原学園
210000010|4
12000002X|5
興陽
▽二塁打 倉内、渡辺(吉)▽暴投 三好2

 【評】興陽が競り勝った。1点を追う八回、川崎と能勢の連打で好機をつくり、2暴投で逆転。一、二回に平田、小西のタイムリーなどですぐに追い付いたのが大きい。能勢、菊地の継投で三回以降は1失点に抑えた。

 吉備高原学園は宇高と一色の適時打で序盤に3点を挙げ、八回には佐藤のスクイズで勝ち越し。無失策と守りも踏ん張り、見事な戦いだった。

津山商8回勝ち越し

御津
001000200|3
20010002X|5
津山商
▽本塁打 池田
▽二塁打 佐藤、河野▽暴投 佐藤3▽ボーク 遠藤

 【評】津山商が粘る御津を振り切った。3―3の八回、池田の右前打を足場に2死一、二塁とし、行田の適時打と暴投で2点を勝ち越した。池田は一回にもソロを放つ活躍。11安打を浴びた主戦遠藤は好守にも助けられ、粘り強く投げ抜いた。
 御津は七回に小野田の中犠飛、大鳥の適時打で同点。八回2死二、三塁の好機をものにしたかった。

大安寺エースが完封

大安寺
100100011|4
000000000|0
津山東
▽三塁打 大林▽二塁打 森、中村、浅野

 【評】大安寺のエース右腕中村が単打2本、無四死球で完封した。球威十分の直球を低めに集め、チェンジアップを効果的に交えて13奪三振。バックは無失策で支え、二塁を踏ませず102球で締めた。打線は一回、大林の適時三塁打で先制し、四回は西田の適時打で加点。終盤にも追加点を挙げ、突き放した。

 津山東は投手陣が粘投するも、打線が援護できなかった。

津山工 機動力生かす

林野
101000000|2
01005000X|6
津山工
▽二塁打 田村、大植、築沢

 【評】津山工が小技と機動力を生かして中盤に逆転した。1―2の五回、犠打を挟む2本のバント安打で1死一、三塁とし、4番青木のスクイズ(記録は犠打野選)で同点。さらに重盗で二、三塁と攻め、築沢の二塁打などでこの回計5点。守備は無失策で、四回以降は得点を許さなかった。

 林野は得点圏に走者を置いた五、六、七回の好機を生かしたかった。

第 4 日


理大付 攻守に安定

高梁
000100000|1
01002010X|4
理大付
▽本塁打 平賀
▽二塁打 梶川、土山

 【評】理大付は着実に得点を重ねた。二回、二塁打の梶川を犠打で送り、殿村の二ゴロで先制すると、同点で迎えた五回は平賀のソロ、池ノ内の犠飛で2点を勝ち越し。七回は楠本の4安打目となる中前適時打で突き放した。投げては渡辺ら3投手のリレーで1失点。

 高梁は四回、平田の中前適時打で追い付いたが、六回以降は1安打に終わった。

和気閑谷1年生完投

岡山
000000001|1
10200120X|6
和気閑谷
▽三塁打 蒲、正富▽二塁打 宮本、岡本▽捕逸 岡本

 【評】和気閑谷は公式戦初登板の1年生右腕大橋が4安打に抑え、自責点ゼロで完投勝利。直球を丁寧に低めに集め、無四死球とテンポが良かった。打線は一回に頓宮、蒲の連続短長打で先制し、三回は岡本の中越え二塁打と重盗で2点を追加。その後も手堅く得点を重ねた。

 岡山は打線に元気がなく、小刻みな継投も実らなかった。

鷲羽5回に一挙5点

水島工
0000000|0
0001501x|7
鷲羽
(七回コールド)
▽二塁打 高島、宗則▽暴投 石原厚

 【評】鷲羽が完勝した。四回、宗則の中前適時打で均衡を破り、五回は2死満塁から高島、宗則、塩田の3連続短長打で畳み掛け一挙5点。七回に中前適時打を放った古谷を含め中軸の勝負強さが光った。右腕西園は緩急巧みに丁寧に打たせて取り、6回を無安打無四球の快投。

 水島工は打線が2安打と沈黙し、主戦石原厚が中盤につかまった。

興譲館が一気に逆転

倉敷
010222000|7
100101005x|8
興譲館
▽三塁打 中野、井上▽二塁打 野上、長畑▽暴投 井上太▽ボーク 渡辺

 【評】興譲館が劇的な逆転サヨナラ勝ち。3―7の九回、下浦の適時打などで1点差とした後、2死無走者から長畑の中越え二塁打と2四死球で塁を埋め、福本の二塁後方に落ちる2点適時打で試合を決めた。七回以降を無安打無失点に抑えたのが大きかった。

 倉敷は4安打の吉岡をはじめ打線は活発だったが、10四死球を与えた投手陣が誤算だった。

古城池が先制パンチ

商大付
002002000|4
50010000X|6
古城池
▽三塁打 土屋▽二塁打 今田、大井、浜谷、田辺

 【評】古城池は一回1死二塁から土屋の適時三塁打を含む5連続長短打で一挙5得点。初球から狙う積極的な打撃で一気に畳み掛けた。四回は田辺の適時二塁打で加点。先発の左腕平光は9安打を浴びながら四死球なしの粘投で8回を自責点3。継投で逃げ切った。

 商大付は六回1死二、三塁で二ゴロが敵失を誘う間に2点差まで追い上げたが、及ばなかった。

岡山東商 猛攻で圧勝

日新
0000100|1
500121X|9
岡山東商
(七回コールド)
▽二塁打 川口、岡本、小林、村上

 【評】岡山東商は一回に主導権を握った。無死一、二塁から岡本の左中間二塁打で先制。さらに1死満塁と攻め、山下の左前打、押し出し四球、村上の右前打で計5点を奪った。左腕村上は勢いのある球を投げ、6回を無四球8三振で1失点。

 日新は一回の失点に絡んだ4四死球が悔やまれる。五回に今石、宮丸の内野安打を足場に得点し一矢報いた。

美作3年ぶり初戦突破

美作
23000011|7
00000000|0
西大寺
(八回コールド)
▽二塁打 影山、古賀、植田

 【評】美作が攻守に圧倒した。一回1死一、二塁、徳山が中前に先制適時打。続く一、三塁で二盗を仕掛け、三走古賀が送球間に本塁を奪った。二回は2死一、二塁から影山、古賀の連続二塁打で加点。先発植田はスライダーが切れ7回1/3を2安打無失点と好投した。

 西大寺は2番手の金光が5回1/3を1失点と踏ん張ったが、打線が散発の単打2本に封じられた。

勝山6回見事集中打

勝山
000004000|4
000100011|3
芳泉
▽三塁打 森岡2、田嶋▽二塁打 清水▽暴投 白口、大隅

 【評】勝山が六回の集中打で逆転勝ち。0―1のこの回、吉原、白口の安打などで1死一、三塁とし、清水の適時二塁打で2者が生還。さらに岡の適時打と敵失で2点を加えた。白口、大隅の両右腕の継投で相手の反撃をしのいだ。

 芳泉は五回まで無安打投球の田嶋が六回に痛打された。打線は八、九回に1点ずつ返したが、あと一歩及ばなかった。

(2019年07月16日 23時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ