山陽新聞デジタル|さんデジ

高梁川流域の魅力 鉄道で楽しもう 27日、マステ工作や満奇洞見学

 高梁川流域の魅力を詰め込んだ日帰りツアー「ハピネストリップ」の臨時列車が27日、JR伯備線で運行される。マスキングテープによるデコレーション体験やパワースポット訪問を組み込み、「女子旅」にお薦めの内容となっている。

 観光車両「ノスタルジー」で倉敷―新見間を往復。車内では倉敷発の人気雑貨マスキングテープ「mt」を使ってフォトフレーム作りに挑戦、地元産のワイン、クッキーなども提供される。新見市内で千屋牛のランチを食べた後、県天然記念物の鍾乳洞・満奇洞の見学などを楽しむ。午前10時に倉敷駅を出発し、帰着は午後5時53分の予定。

 備中地域10市町による高梁川流域連携中枢都市圏事業としてJR西日本岡山支社などが企画した。中学生以上6千円、小学生3千円。席不要の未就学児は無料。締め切りは19日正午。先着80人程度。申し込み、問い合わせは日本旅行岡山支店(086―223―2031、平日のみ)。

(2019年07月14日 14時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ