山陽新聞デジタル|さんデジ

Snow Man、主演ドラマ撮了で達成感「観ている方々に面白がってもらえたら」

シンドラ『簡単なお仕事です。に応募してみた』をクランクアップさせた目黒蓮、ラウール、岩本照、渡辺翔太 (C)NTV・J Storm
シンドラ『簡単なお仕事です。に応募してみた』をクランクアップさせた目黒蓮、ラウール、岩本照、渡辺翔太 (C)NTV・J Storm
 ジャニーズJr.の人気グループ・Snow Manの岩本照、渡辺翔太、目黒蓮、ラウールが主演する日本テレビの連続ドラマ『簡単なお仕事です。に応募してみた』(毎週月曜 深0:59)が22日の初回放送を前に、早くもクランクアップを迎えた。“ヤバ怖”な体験に巻き込まれる若者たちを演じた4人。約1ヶ月の撮影を終え、監督から花束を受け取った岩本は「今回は周りのスタッフさんや共演者の方々が今何を考えているのか?何をしたいのか?を考えながら、芝居に向き合うことができたと思います」と達成感をにじませた。

■Snow Manのプロフィール

 同ドラマは“ヤバ怖”をコンセプトに『不思議・ホラー・サスペンス・パニック・ハプニング』など様々なジャンルの「怖い」を盛り込みつつ、ちょっと笑えるコメディーでもある新感覚の不可思議な10の物語を一話完結で描いていく。

 初日の撮影から口をそろえて「緊張してます」と話していた4人。最初は草木が生い茂る古い民家でのロケで、大量の虫に大騒ぎしつつも、合間にひとりがセリフを口にすれば、何気なく他のメンバーも加わって、息ぴったりの掛け合いをみせる。その後も士気の高いキャストとスタッフで連日の撮影は続き、監督の演出によって自然なアドリブやリアクションも引き出されていった。

 そして一つのみどころとなるのが、毎話いろんなシチュエーションの”ヤバ怖”体験から必ず走って逃げだすことになるシーン。時には民家から、高層ビルから、山奥から…どんな場所でもアクロバティックに全力疾走できるのは、身体能力に自信のある4人ならでは。持ち前の運動神経を生かした動きに加え、アクションカメラやドローン、ステディカムなどを取り入れた迫力のある映像に仕上げていく。渡辺は「たくさん走ったり動いたり、大変なこともありましたけど、僕たちが全力で取り組んだことを、観ている方々に面白がってもらえたらいいなと思います」と自信をこめている。

■Snow Man(ジャニーズJr.)コメント

岩本照
「『簡単なお仕事』とタイトルにありますけど、全然『簡単なお仕事』ではなかったです。これまで舞台やドラマのお仕事をさせていただいた経験もありますが、その時は自分のことで精一杯で。今回は周りのスタッフさんや共演者の方々が今何を考えているのか?何をしたいのか?を考えながら、芝居に向き合うことができたと思います。
監督が自然な演出をしてくださって、それぞれが本人でもあり役のキャラクターでもあった1ヶ月だったので、演技のスイッチがオフになることなく、ここまで来れたのが、とても達成感があります。
ホラーと聞くと、みなさん『”ヤバ怖”って言ってもだいたいこんな感じでしょ』って展開や結末を予想すると思いますけど、全く違う10のストーリーそれぞれが想像力を掻き立てるようなエンディングを迎えているので、その先にもしかしたらこんな続きが…と想像して楽しんでもらえると思います。絶対、その想像を裏切っていくので、楽しみにしていてください。」

ラウール
「初めてのドラマで、初めての経験ばかりだったので、純粋に楽しんで撮影に臨めました。ドラマの撮影でなければ行かない場所もたくさんあったし、本当に貴重な時間でした。この経験を自分の成長につなげていければと思いますし、これからもお芝居のお仕事に挑戦していきたいなと改めて思いました。こんなに面白い仕事はないです!ひとまずは、クランクアップを無事に迎えることができて、すこし安心したところですね(笑)。
そして、このドラマが最高に面白い作品になればと思います!
実は9話のラストで、今まで仲間思いで優しい感じだったモモ君が豹変するシーンがあるんです。そこが僕自身、お芝居として苦労しました。何回もやり直しさせていただいて…反省したシーンでもあるし、印象に残っています。
もちろん、必ずリアルタイムで観てほしいんですけど、このドラマは録画しておくこともオススメします!
リアルタイムで観て、もう一度録画を見返すと絶対に新しい発見がありますから。」

渡辺翔太
「素直な感想は、激しかったなと…。ドラマってこんなにハードだったっけ?って。クランクアップの実感が湧いてきて、急に言葉が出てこなくなりましたね(笑)。たくさん走ったり動いたり、大変なこともありましたけど、僕たちが全力で取り組んだことを、観ている方々に面白がってもらえたらいいなと思います。
メンバー3人とも距離が縮まりましたね。照は、台本の流れや話のつながりの細かいところまで意識して、全体を見ながらスタッフさんとも話していたし、ラウールは、ドラマ出演が初めてだったけど、一番ナチュラルに演技していました。目黒は監督やスタッフさんに積極的に相談したり、常に前のめりで、そのガッツが最高だなと思いました。
リアルで身近なシチュエーションが多いので、思わず引き込まれる作品になると思います。ちょうど夏で、夜ふかしもしたくなる季節ですし、学生の方は夏休みにも入ると思うので、毎週月曜日の楽しみのひとつとして、このドラマを生活のルーティーンに組み込んでもらえれたら嬉しいです!」

目黒蓮
「初主演の作品でしたが、メンバー4人と一緒で心強かったです。このドラマはシンプルに面白くなると思います!自分が出ているからそう思うとかではなく…僕自身も今からオンエアを凄く楽しみにしています。
タイトな撮影で、自分と真逆な役というギャップに最初は苦労しましたが、毎日の積み重ねで台詞覚えもかなり成長したなと感じています。これから舞台にも映像の作品にも、今回の経験を生かしていきたいです。
とにかくマジで観た方がいいです!この気持ち、伝わってますか?(笑)普通は、“怖い”と“笑い”って交わらないはずなのに、交わっちゃってますから。誰も観たことがない、“ヤバ怖”という新しいジャンルを開拓した作品です。少しでも気になったら、夏の夜のおともに観てください!」

Snow Manメンバー4人がドラマ初主演 “ヤバ怖”体験に巻き込まれる
Snow Man、初のCMキャラクター就任に感慨 深澤辰哉「氷や雪のお仕事に関われたらと思っていた」
Snow Man阿部亮平、『ZIP!』リポーター新加入「とにかくうれしいです!!」
Snow Man、9人体制で『滝沢歌舞伎』に気持ち新た 岩本照「ゼロからリスタート」
『映画 少年たち』北京国際映画祭出品決定 SixTONESやSnow Manも大喜び

(2019年07月12日 12時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ