山陽新聞デジタル|さんデジ

寅さん新作を世界初上映へ 10月の東京国際映画祭

 映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のポスター((C)2019 松竹株式会社)
 映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」のポスター((C)2019 松竹株式会社)
 映画寅さんシリーズ22年ぶりの新作で50作目の「男はつらいよ お帰り 寅さん」が、12月27日の公開に先駆け、10月28日開幕の第32回東京国際映画祭開幕作品として世界初上映されることが決まったと、映画祭事務局が12日付で発表した。

 監督・脚本の山田洋次さんは「先行き不透明で重く停滞した気分のこの時代に、寅さんの台詞にあるように『生まれて来てよかったと思うことがそのうちあるさ』と、50年をかけて製作したこの映画が日本のみならず世界中で、一人でも多くの観客の“心の希望”となることを切に願います」とコメントしている。

(2019年07月12日 07時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ