山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ元監督 影山氏が指導者講習 岡山で高校サッカー部顧問らに

ファジアーノ岡山U-18の選手を指導するU-20日本代表の影山雅永監督=政田サッカー場
ファジアーノ岡山U-18の選手を指導するU-20日本代表の影山雅永監督=政田サッカー場
 5、6月にポーランドであったサッカーのU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)で日本代表を率いたJ2ファジアーノ岡山元監督の影山雅永氏を招いた指導者講習会が11日、岡山市の政田サッカー場で行われた。

 岡山県全体の競技力向上につなげようと、ファジアーノが企画し、クラブの育成部門のコーチや高校サッカー部の顧問ら約50人が参加した。

 影山氏はファジアーノU―18の選手を相手にトレーニングを実施。4対4のゲーム形式では「どこに走るのが良いかを常に考えろ」「今のは良い場所に入り込んだぞ」と得点を奪う効果的な動き方などを伝えた。光南高の乙倉健二監督は「世界で戦ってきた方の話を聞けて刺激になった。ボールを持っていない選手の動きがゴール前の守備を崩す上で大事だと改めて認識した」と話した。

 影山氏は2009年にファジアーノのヘッドコーチとなり、10年から5年間監督を務めた。

(2019年07月11日 21時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ