山陽新聞デジタル|さんデジ

美作で市民バレーボール大会 8チームが白熱戦で盛り上げ

一進一退の攻防を見せる選手たち
一進一退の攻防を見せる選手たち
 第14回美作市民バレーボール大会(市スポーツ協会バレーボール連盟主催、山陽新聞社後援)が7日、中山のみまさかアリーナで開かれた。選手たちが一進一退の攻防を繰り広げて盛り上がった。

 市内在住、在勤者でつくる8チーム約90人が出場。男女混合の9人制で行われ、一般の部5チーム、素人の部3チームに分かれ、リーグ戦とトーナメントで順位を競った。

 選手たちは「ナイスサーブ」「もう1本」などと声を掛け合いながら、華麗なレシーブから力強いアタックにつなげる見事なチームプレーで白熱した試合を展開していた。

 結果は次の通り。

 【一般】(1)アローズ(2)美作インパルス(3)AIDA【素人】(1)三星会(2)美作友遊(3)美作球友会

(2019年07月11日 18時12分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ