山陽新聞デジタル|さんデジ

赤磐で「カメ止め」など3本上映 28日に「第3回映画祭り」

28日に開かれる「第3回あかいわ映画祭り」をPRするポスター
28日に開かれる「第3回あかいわ映画祭り」をPRするポスター
 “映画のまち あかいわ”としての知名度アップを目指す「第3回あかいわ映画祭り」(赤磐商工会などでつくる実行委員会主催)が28日、桜が丘いきいき交流センター(赤磐市桜が丘東)で開かれる。2018年に公開され、大ヒットした「カメラを止めるな!」をはじめ、赤磐でロケが行われた「種まく旅人~夢のつぎ木~」(16年公開)など3本を上映。地元産桃のコンテストなども開催し、地域のにぎわい創出につなげる。

 上田慎一郎監督がメガホンを取った「カメラを止めるな!」は、ゾンビ映画の撮影者たちが本物のゾンビに襲われて…というストーリー。製作費はわずか300万円ながら、巧みに練られた構成が話題となった。

 「種まく旅人」は、桃栽培に励む女性と周囲の人々の絆を描いた作品。子ども向けに、アニメ映画「ミニオンズ」(15年公開)も上映する。

 幕あいには「カメラを止めるな!」の主演・濱津隆之さんや「種まく旅人」の佐々部清監督、ヒロインを支える酒蔵の社長役で出演した俳優井上順さんによるトークショーがある。ファンとの交流会にも参加する予定。

 チケットは作品ごとに必要。ミニオンズは前売り300円で定員70人。他の2作品は同千円で定員は250人。交流会は500円(軽食付き)で定員80人。「チケットぴあ」などで販売している。

 桃コンテストは、地元農家が出品した自慢の桃を一般公募の審査員が食べ比べる。桃パフェ作り教室(受講料2千円)もある。審査員と教室受講生を募っており、定員は各20人。多数の場合は抽選。いずれも12日までに事務局の市秘書広報課(086―955―4770)に申し込む。

 映画祭りは「種まく旅人」のロケ地となったことを生かし、地域振興につなげようと、2017年から開催。昨年は西日本豪雨などの影響で中止となったが、規模を縮小して今年2月に行った。

(2019年07月11日 10時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ