山陽新聞デジタル|さんデジ

瀬戸内市副市長に田野宏氏 前県観光連盟専務理事

田野宏氏
田野宏氏
 瀬戸内市は9日、高原家直副市長(64)が任期途中の7月末で退任し、後任に前県観光連盟専務理事の田野宏氏(62)を充てる人事を決定した。この日、選任議案を6月定例市議会に提案、同意された。任期は8月1日から4年間。

 高原氏は2013年11月から副市長を務め、21年10月末まで任期を残していたが「健康上の理由」で退任する。

 田野 宏氏(たの・ひろし)1980年県庁入り。総合政策局政策推進監、備前県民局長などを歴任し、2018年3月に定年退職。18年6月から1年間、県観光連盟専務理事を務めた。大阪大卒。倉敷市玉島勇崎。

(2019年07月09日 20時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ