山陽新聞デジタル|さんデジ

【ファジ】西村恭史選手が合流 早く慣れ自分の持ち味出したい

笑顔で初練習に臨む西村選手
笑顔で初練習に臨む西村選手

 サッカーJ2ファジアーノ岡山がJ1清水から育成型期限付き移籍で獲得したMF西村恭史選手(19)が9日、チームに合流。全体練習後、意気込みなどを語りました。

-初練習はどうでしたか?

 最初はやっぱり緊張しましたけど、みんな優しく入りやすかった。環境は違うし、早く慣れないとなという感じです。

-知り合いはいなんですよね?

 そうですね。僕がけがした時期に、(17年に岡山でプレーした)石毛(秀樹)君(現J1清水)もけがをしていて、リハビリの時などにいろいろ話を聞いていました。石毛君も結構(今いるファジアーノのメンバーに)連絡をしてくれていたみたいです。石毛君のおかげで入りやすかったです。

-石毛選手は岡山について何か言っていましたか?

 みんな人が良すぎると。絶対良いと言っていました。

-今回の移籍については?

 めっちゃ悩みました。不安はあったけど、環境を変えてやってみようと思いました。ここで自分を見つめ直そうと決めました。
【ファジ】西村恭史選手が合流 早く慣れ自分の持ち味出したい

-プレーの持ち味は?

 守備のところ。つぶすというか、球際のところでは負けないです。存在感を出せたらなと思います。

-ファジアーノの印象は?

 全然知らなかったのですが、(オファーが来て)決まりそうな時、DAZN(ダ・ゾーン)で見ていました。(前節の鹿児島戦は)スタジアムで見たのですが、つなぐのがうまい印象です。カウンターとかも武器なのかなと思いました。スタジアムの雰囲気がすごかった。応援を聞いた瞬間、早くやりたいと思いました。

-意気込みを。

 コンディションを上げて早く慣れ、自分の持ち味を出す。監督が求めていることをしっかり理解したい。そうすれば自然にチャンスはくると思います。

(2019年07月09日 16時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ