山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山ダービー 湯郷ベル競り勝つ サッカー女子・チャレンジリーグ

 サッカー女子・チャレンジリーグ第13節最終日は7日、高梁市の神原スポーツ公園多目的グラウンドなどであり、西地区(6チーム)の吉備国大シャルムと岡山湯郷ベルが今季3度目の岡山ダービーに臨み、湯郷ベルが2―1で競り勝った。湯郷ベルは4試合ぶりの白星で勝ち点を19(5勝4分け3敗)に伸ばし、順位は4位。2連敗のシャルムは勝ち点2(2分け11敗)で最下位のまま。

 湯郷ベルは前半12分、FW足立がリーグ最多の11点目となるゴールで先制し、後半開始早々にMF竹ノ谷が追加点を奪った。シャルムはMF西村実が1点を返したが及ばなかった。

 湯郷ベルは10日、美作市の美作ラグビーサッカー場で雷雨で延期されていた第10節のスペランツァ大阪高槻戦を行う。シャルムは第14節の15日、アウェーでアンジュヴィオレ広島と対戦する。

(2019年07月07日 19時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ