山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山移住フェア 20日の開催PR 大阪で県キャラバン隊

大阪市である移住・定住フェアをPRする岡山県キャラバン隊=山陽新聞社大阪支社
大阪市である移住・定住フェアをPRする岡山県キャラバン隊=山陽新聞社大阪支社
 岡山県は20日、大阪市中央区の難波御堂筋ホールで「来て!見て!晴れの国おかやま移住・定住フェア」を開く。県内への移住者を都道府県別で見ると、大阪府が全体の14・3%(2016年度、県調べ)で最も多く、県のキャラバン隊が5日、大阪市を訪れ、開催をPRした。

 フェアは午前11時~午後4時。県と県内の21市町村、経済団体などがブースを設け、暮らしや仕事に関する相談に応じる。既に県内に移住した人たちの体験談を聞いたり、就農や転職の説明を受けたりするセミナーもある。入場無料。転職相談ブースは予約が必要。

 キャラバン隊は新聞社を回り、フェアを紹介した。山陽新聞社大阪支社では、県中山間・地域振興課の職員らが「岡山に関心を持つ人や出身者に開催を知ってもらいたい」と話した。

 フェアは6月30日に名古屋市であったほか、7日午前11時~午後4時に東京交通会館(東京・有楽町)でも開く。

 問い合わせは平日に県中山間・地域振興課(086―226―7862)。

(2019年07月06日 21時55分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ