山陽新聞デジタル|さんデジ

吉備中央の国道でクマの目撃情報 告知放送で注意呼び掛け

 4日午前6時15分ごろ、岡山県吉備中央町湯山の国道484号で、ツキノワグマが歩いているのを町内の男性が目撃し、町に通報した。けが人などの被害は確認されていない。男性が撮影した写真や現場付近の足跡から、体長約1・2メートルとみられるという。

 町は現場から北約500メートルの下竹荘小(同所)全児童17人にクマよけの鈴を配るなどした。告知放送でも全戸に注意を呼び掛けた。

 同町では6月10日にもクマの目撃情報が寄せられている。

(2019年07月04日 21時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ